入省式でした!

もう昨日となってしまいましたが、財務省本省採用職員の入省式が昨日4月3日に挙行されました。

写真は撮れませんので、文字情報でお伝えしていきたいと思います。

入省式ってなに?

民間企業でいうところの入社式ですね。会社ではなく省庁なので入省式とよんでいます。

他の省庁では?

他の省庁でも挙行されたみたいですね。

他省の情報を少しチェック!

総務省の入省式はニュースにも流れていたようで、なんと101人も参加したようです!

『「上司おちょくる勢いで」…入省式で閣僚エール』
新年度が動き出した3日、各府省では入省式などが行われ、閣僚から新入職員に様々なエールが送られた。

 高市総務相は訓示の中で、総務省本省に採用された101人のうち40人が女性だと紹介。「昔はオッサン臭い役所だと思っていたが、今や女性大臣がおり、女性政務官もいる。女性にとって働きやすい職場は男性にとっても働きやすい」と述べ、安倍内閣の看板政策である「女性活躍」をアピールした。

(読売オンライン2017年04月03日 23時01分配信より引用)

自治や通信など幅広く所管する組織ですから、それだけの大人数が中央組織で採用されているわけですね。

多くの省では大臣が参加します

このほかにも、文科省や厚労省でも大臣が参加し、訓示をしたと報道されていました。

では、財務省は?

対して財務省本省での採用者はその10分の1以下。こぢんまりとした、でも、荘厳な式でした。

麻生大臣からは別の機会にご訓示をいただきました。

 

採用されたとはいえ、まだ右も左もわからない一年生です。

水曜日からは人事院主催の研修がはじまるので、その際に更新します。お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です